J-GoodTech新規登録はこちら

大分初「プログラボ大分鶴崎」開校 社会医療法人敬和会

大分初「プログラボ大分鶴崎」開校 社会医療法人敬和会

プログラボ大分鶴崎」開校

プログラボ教育事業運営委員会は、フランチャイズ契約を社会医療法人敬和会と締結したことを発表した。同契約により、2020年4月、「プログラボ大分鶴崎」(大分県大分市)が開校される。2020年2月14日、プレスリリースサイトにおいて明らかにされた。プログラボが大分で開校するのは今回が初めてだ。
同月、JR九州100%出資会社である、JR九州システムソリューションズ株式会社運営の「プログラボ姪浜」(福岡市西区)の開校も決定しており、さらには、北海道をはじめ、全国に計8校が新たに開校予定(2020年4月)だという。
プログラボ教育事業運営委員会は、株式会社ミマモルメ(阪急阪神ホールディングスグループ)と、讀賣テレビ放送株式会社が、共同で構成している委員会だ。

「夢を実現するチカラ」育成

プログラボ教育事業運営委員会と社会医療法人敬和会が
地域の子ども達の次世代教育に貢献したいという想いで一致(プレスリリースより)
したことにより、今回のフランチャイズ契約に至った。
「プログラボ」は
ロボット・プログラミング教育を通じて、未来を担う子ども達の「夢を実現するチカラ」を育みます(プレスリリースより)
という教育理念を掲げている。
また、39校の「プログラボ」運営に留まらず、プログラミング導入の支援を自治体等に行っている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

@press
https://www.atpress.ne.jp/news/205859

すべてカテゴリの最新記事