ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」の通信距離向上

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」

2019年11月22日、ラトックシステム株式会社は、酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」について、ホストアダプターと中継器を新規に出荷することを発表した。出荷開始は2019年12月中旬の予定だ。
今回出荷予定のホストアダプターには、通信性能をアップさせるため、モノポールアンテナが採用されている。
同モニタリングシステムは、麹、酒母、もろみという酒造3工程をモニタリングするためのシステムで、酒造りの現場での直接的・間接的な負担を軽減するために開発された。杜氏や蔵人の経験を見える化する工夫が随所になされており、同モニタリングシステムの機能には、現場からの意見も取り入れられている。

モノポールアンテナを採用

酒造りのためだけに開発された同モニタリングシステムは、Sub-GHz帯を利用しているにもかかわらず、酒蔵の構造上、無線が届かないケースが報告されていた。
こういった問題への対策として、チップアンテナの利用を見直し、受信強度の向上が見込めるモノポールアンテナを採用して、Sub-GHzホストアダプターと中継器の併用を決めた。
従来の「もろみ日誌」を既に導入している場合は、アプリの設定を変更することで新製品へバージョンアップすることが可能だとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ラトックシステム株式会社
http://www.ratocsystems.com/info/news/2019/1122.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ