ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ウォークスルー型図書館システムを構築

自動で貸し出しを記録できる

2019年12月26日、株式会社富士通マーケティングは、図書に付けられたICタグ情報を自動で読み取るシステムを構築したと発表した。

「ウォークスルー型図書自動貸出システム」と命名され、2020年1月7日より和歌山県有田町図書施設「有田川町地域交流センターアレック」で運用が開始される。

利用者はICタグ読み取りゲートを通過するだけ

利用者は、事前に発行される利用者カードとICタグの付いた図書を持って、「ICタグ読取ゲート」を通過するだけで、貸し出し手続きが完了するものである。

ゲートでの認識率を高めるため、実証実験を繰り返し実施してきており、自動返却ポストも設置したことで利便性が非常に高いものとなっている。

貸し出したことがメールで通知される

利用者が予め登録したメールアドレスに、図書ごとのIC情報と借りた人の利用者カード情報をもとに貸し出しと返却したことが通知される。

従来、貸し出しと返却業務は人間が窓口業務として担ってきたものであるが、これらの業務も不要になるため職員の数も大幅に減らすことが可能になる。

図書館の需要増加に対応する、新しい形のサービスといえる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通
https://www.fujitsu.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ