J-GoodTech新規登録はこちら

古河電気が光ファイバ融着接続器を発売

古河電気が光ファイバ融着接続器を発売

大容量・超多芯光ファイバケーブルの効率的接続が可能に

2020年1月21日、古河電気工業株式会社は、光ファイバの大容量・超多芯ケーブル向け融着接続機S124Mシリーズの発売を2020年1月より開始すると発表した。
今後展開が行われる5G回線や、データセンターの普及に伴い、光ファイバーの大容量化と多心ケーブルが必須となるため、接続効率の大幅向上が期待できる。

ファイバガイド交換でケーブルの多様性に対応可能

このS124Mの特徴としては、光ファイバ同士を接続する際に、ファイバの中心軸を合わせるファイバガイドの多様性にある。
様々な規格の光ファイバに対応可能であり、かつ作業者自身が交換することができるため、汎用性の高い製品になっている。
なお、タッチパネルでの簡単操作が可能で、軸のズレを自動で修正する機能を持ち、高速で融着接続が可能に。
工事の際の効率が上がる設計となっている。

5Gでは大幅な工事が必要となる

近年話題になっている5G通信であるが、現在の4Gと比較すると通信速度は最大で約20倍。
同時接続回線数は10倍、通信遅延も10分の1となり、圧倒的なデータ量の送受信と、通信速度が魅力である。
一方で、現在設置されている設備を増設する必要があり、光ファイバも回線数を増やす必要があるが工事の効率が悪いと5Gのメリットを生かせなくなる。
今回の接続機によりスムーズな回線運用が可能になると期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

古河電気
https://www.furukawa.co.jp/release/2020/comm_200121.html

すべてカテゴリの最新記事