ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

機械式立体駐車場で、リアルタイムに危険な状況を示す監視システムを開発

機械式立体駐車場では、事故を見逃したり、対応できなかったことが課題

2019年8月20日、大日本印刷株式会社は、監視カメラの映像から、危険な状況の見逃し防止につなげていく機械式立体駐車場向けシステム(以下、同システム)を開発し、2019年12月に提供を開始すると発表した。

機械式立体駐車場では、事故要因の約8割が「無人の場所での確認不足」とされ、国土交通省は「機械式立体駐車場の安全対策に関するガイドライン」を2016年に策定した。

このため、施設管理企業では、駐車場係員がカメラ映像の確認やセンサーによる安全対策を実施してきたものの、異常が検知された際に現場に行って確認する負荷や、映像を常時監視する負荷が高いため、異常を見逃すことや対処できない場合のあることが課題となっていた。

新しい監視システムの概要と特長

同システムは、監視カメラの映像に映り込んだ注意すべき人物や物体をリアルタイムで表示するソフトウェアで、同社独自の画像処理解析技術を活用して、注意すべき人物や物体の動きを捉え、照明の変化、影や映り込みなどの影響を低減して対象の移動・停止に関わらず追跡表示する。

また、安全確認機能に特化するため、カメラ本体や、撮影した映像を保存・管理するソフトウェアの制限を受けることなく、軽量な画像処理のみで遅延の少ないリアルタイムで検出する。

さらに、パラメータを、環境に応じてきめ細かく設定できるため、確認したい場所の最適な解析結果を表示できる。

▼外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1192767_1587.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ