ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

理化学研究所などが、長寿T細胞を発見

超長寿者には、特別なT細胞が存在する

2019年11月13日、理化学研究所生命医科学研究センタートランスクリプトーム研究チームと、慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの共同グループが長寿T細胞の発見を発表した。
中でも110歳以上のスーパーセンチナリアンと呼ばれる超長寿者の血液を調べたところ、「CD4陽性キラーT細胞」が多く含まれることが分かった。
この研究により免疫細胞と長寿の関係性が分かれば、老化の予防や健康寿命を延ばせると期待されている。

T細胞構成は年齢で変わる

研究では、110歳以上の超長寿者7人と、50~80歳の5人から血液を採取し免疫細胞を調べ比較した。
その結果、体の免疫をつかさどるT細胞の構成が、前者と後者では大きく変化している事実を発見した。
中でも前者には、通常では少量しか存在しないCD4陽性キラーT細胞が高い割合で存在しており、一つのT細胞が抗原刺激によって細胞分裂を繰り返し増殖するクローン性増殖が起きたことが明らかとなっている。

長寿になる秘訣は免疫力

一般的に年齢を重ね高齢になってくると、免疫力が低下し病気に罹患する可能性が高くなり、がんや感染症に罹りやすくなる。
場合によってはこれらの病気が元で亡くなることも多いが、超長寿者はこのような致命的な病気に罹らず寿命を延ばしている。
高齢になっても免疫が落ちないことを意味しており、これらの理由が解明されれば病気で命を落とすことが無くなるかも知れない。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

理化学研究所
https://www.riken.jp/press/2019/20191113_1/index.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS