ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

村田製作所、業界最高水準の容量を持つ全固体電池(二次電池)を開発

ウェアラブル機器のさらなる小型化や信頼性の向上に貢献

2019年6月26日、株式会社村田製作所は、業界最高水準の電池容量を持つ全固体電池(以下、同製品)を開発したと発表した。

同製品は、小型かつ高エネルギー密度であるうえに、従来のリチウムイオン二次電池と比べ、安全性・耐久性が高いため、長時間の利用が前提とされるヒアラブル機器に対応し、ウェアラブル機器のさらなる小型化や信頼性の向上に貢献するとしている。

なお、同社は、セラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている総合電子部品メーカーだ。積層セラミックコンデンサや多層デバイスなどで培ったプロセス技術と、電子部品の開発で蓄積した材料技術を組み合わせて同製品を開発したとのこと。

全固体電池の概要

同製品は、一般的な電池で使用する電解液の代わりに、酸化物セラミックス系電解質を使用している。このため、「燃えない」「熱に強い」特性を有している。

また、サイズは縦が5mm~10mm、横が5mm~10mm、高さが2mm~6mmで、容量は2mAh~25mAh(25度)、定格電圧は3.8Vである。

なお、ペースト状のはんだを塗布した基板表面へのスムーズな実装が可能な電子部品「SMD(Surface Mount Device、表面実装部品)」への実装が可能である。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

村田製作所 ニュースリリース
https://www.murata.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ