ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

リコーとJAXAが宇宙空間で使用できるカメラを共同開発

宇宙船外での全天球撮影が可能

株式会社リコーと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙において船外で撮影ができる小型カメラを共同開発した。

このカメラは上下左右、つまり全方位を一度に撮影できるもので、民生品ベースで開発したカメラが船外で撮影することは国内で初めてとなる。

なお、2019年9月11日打ち上げ予定の輸送機「こうのとり」で運ばれた後、宇宙ステーション内の日本実験棟「きぼう」に設置され、カメラで撮影した全天球の画像や映像を地球に送る予定となっている。

市販カメラがベースになっている

今回開発されたカメラは、すでにリコーから一般販売されている全天球カメラ「RICOH THETA(シータ)」がベースになっている。

これまでは宇宙空間専用で開発された製品が搭載されてきたが、民生用をベースにしたことでコストが抑えられることになる。また、開発に掛かる時間も短縮されることにも繋がる。

今後宇宙空間での撮影実験が行われるが、収集したデータを元に民生製品へのフィードバックも行えることで、製品のレベルも上がると期待される。

宇宙空間では電子機器が故障しやすい

宇宙空間では、日なたと日陰では温度差が大きい。加えて太陽からの放射線が降り注ぐため電子機器が故障しやすい。

例として、福島原発の内部にロボットを入れる実験をしているが、高い放射線により故障しやすいという事実がある。

これらの故障要因からカメラを守るための技術が重要で、今後の実験結果でグレードアップされるだろう。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

リコーHPより
https://jp.ricoh.com/release/2019/0828_1/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ