J-GoodTech新規登録はこちら

ウェアラブルカメラを活用した映像コミュニケーションサービスを提供

ウェアラブルカメラを活用した映像コミュニケーションサービスを提供

現場での“使いやすさ”を徹底的に追求したサービス

2020年1月27日、田辺工業株式会社(以下、田辺工業)は、東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)と連携し、製造・建設・インフラ業界の現場作業者とオフィス・現場事務所など遠隔地にいる管理・監督者や熟練者とを結ぶ、ウェアラブルカメラを活用した映像コミュニケーションサービス(以下、同サービス)を提供すると発表した。
少子高齢化が進展するに伴い、製造・建設・インフラ業界においては、人手不足・高齢化・作業現場の広域化や複雑化等のさまざまな問題に直面している。
このような課題に対処する解決策の一つとして、現場作業を支援し、効率的・効果的に管理などを行うために、ウェアラブルカメラを活用し、現場作業者と遠隔地にいる管理・監督者・熟練者などを結びコミュニケーションを図るサービスが、国内外で幅広く展開されている。
しかしながら、田辺工業において、さまざまなサービスを試した結果、映像の乱れやヘルメット等への装着感など、過酷な現場で活用するうえで満足できるものがなかったとのこと。
そこで、現場を知り尽くした田辺工業のノウハウと、NTT東日本を中心としたICTパートナー(株式会社ザクティ、沖電気工業株式会社、株式会社BONXなど)の技術を組み合わせることで、新たな同サービスを提供することとなった。

提供するサービスの特長

同サービスでは、映像・音声でのリアルタイムコミュニケーションを実現するために、ウェアラブルカメラ・イヤホンマイク・通信機器・視聴用タブレット・モバイル等通信回線・装着品(専用ケース等)・クラウド及び関連するソフトウェア一式・環境構築と保守一式等が、事前に設定を済ませたうえで、オールインワンで提供される。
また、ウェアラブルカメラは、ヘルメットへの装着を想定して、視聴者の負担を軽減するために、軽量かつ完全ワイヤレスで、カメラ映像のブレを極限まで補正している。
なお、カメラとイヤホンマイクは防水仕様で、その他の装着機器類も専用ケースに収納することで雨等の過酷な作業現場に対応している。
さらに、複数の監督者・熟練者等と現場作業者を結ぶことを想定して、多地点での映像・音声を接続できる仕様になっている。
(画像は田辺工業株式会社 報道発表資料より)

▼外部リンク

田辺工業株式会社 報道発表資料
https://www.tanabe-ind.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事