J-GoodTech新規登録はこちら

コンクリートの品質維持を動画監視で実現

コンクリートの品質維持を動画監視で実現

施工時の品質管理を行える

2019年12月25日鹿島建設株式会社は、アジテータ車(ミキサー車)から荷卸されるコンクリートを自動的にモニタリングできるシステム「コンクリート・アイ」を開発した。
卸している最中のコンクリートをビデオなどで撮影し、その動画を監視する。
施工性の悪いコンクリートを判断し排除することで、施工トラブルなどの欠陥につながる原因の特定が可能になる。

強度や耐久性の把握も可能に

このモニタリングシステムは、連続RI水分計と組み合わせることで、強度や耐久性も連続監視することが可能であり、作業を中断することなく品質管理ができる。
市販のビデオカメラと分析システムアプリを搭載したパソコン、付随するパトランプやブザーなどの簡易ツールで構成される。
なお、自動的に検知された結果を、クラウドを介してタブレットなどでリアルタイムでモニターできるため、荷卸し現場での指示が速やかに行える。

コンクリートは生もの

コンクリートは、ミキサー車などで工事現場に運ばれて荷卸しされるものであるが、材料を混ぜた直後から硬化反応が始まるため生コンクリートともよばれる。
これは、常に流動させて固まらないようにする必要があるが、施工現場までの運搬時間が長くかかった場合には、硬化が始まりダマが生じてしまうため、施工不良の原因となる。
これらの不良要因を速やかに取り除くことで、施工後の欠陥を予防することが可能となる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

鹿島建設
https://www.kajima.co.jp/news/press/201912/25c1-j.htm

すべてカテゴリの最新記事