ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東芝が、車載向け高耐圧FETを発売

48V系車載用途に対応

2019年12月25日、東芝デバイス&ストレージ株式会社は、48V系の車載用途機器向けに100V耐圧のパワーMOSFETを発売した。

Nチャンネルで、小型SOPパッケージを採用しており、高密度基板に対応したものとなっている。

なお、ドレイン電流定格が70Aと45Aの2種類あり、高電流を流すことが可能となっている。

低オン抵抗で省電力化も可能に

高い電流を流せることに伴い、使用機器の幅も広がるが、オン抵抗が高いと消費電力も増加することになる。

パワーMOSFETにおいて、このオン抵抗値が低いほど省電力化されることになり、今回のデバイスでは70A品と45A品それぞれで、4.1ミリオームと6.3ミリオームとなっている。

これは同等品平均の6ミリオーム、10ミリオームと比べても低いことが分かる。

車載電装機器のハイパワー化が進む

EVやハイブリッド車に代表されるように、車の電気化へのシフトが進んでいる。

今後は車にエンジンではなく電池を搭載することになるが、電装系のパーツや装置も従来の12Vや24Vではなく、より高電圧化している。

高電圧化することにより、消費電力を低減する狙いがあるが、対応した半導体をはじめとする電子部品が少ないのが実状である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東芝
https://toshiba.semicon-storage.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ