ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大日本印刷 AI人材育成にAWS DeepRacerを採用すると発表

2019.05.29

AIの人材育成に向けて

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、2019年5月23日(木)に社内アプリケーション開発エンジニア育成を開始したと発表した。

エンジニア育成に使用するツールは、アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)が提供する、ミニチュア自動走行型レーシングカー「AWS DeepRacer」(5月23日 日本公開)と、レーシングカーの AI(人工知能)学習に「AWS DeepRacer コンソール」を活用する。

AI人材に必要なツール

「AWS DeepRacer」は、1/18スケールのミニチュアカーにAIを搭載しAI人材育成のためにAWSが開発したものだ。

カメラに写った映像をAIが読み取り、目的地まで最短のコースで自走する。

「AWS DeepRacer コンソール」は、強化学習について学習・探査することで、自動走行アプリケーションを構築するための統合された学習システムとなる。

「AWS DeepRacer」を自動走行するよう、車両をネットワークと通じてシステムを利用可能な状態にすることができる。

無線接続で車両はソフトウェアをダウンロードし、無線接続後にユーザーは、コンピュータ又はモバイルを通じて車両を操作する。

DNPは、社内企画、開発等の関連部門に向けてAIが試行錯誤を通じて、自律的に学習する「強化学習」を理解するツールとして「AWS DeepRacer」を導入する。

強化学習とは、自律的で適切な行動をさせるための機械学習に含まれる方法となる。

自動走行では、特定の環境下で一連の行動に「報酬」の動機(インセンティブ)を与えることで、様々なパラメータから設定した報酬モデルを駆使し自動走行に役立てる。

AWSでは、AIに興味を持つ企業、人材のサポートに対応していく。

それに合わせて、DNPでは得意先企業向けのサービス開発の現場で、AWSが提供するツールを積極的に活用しながらAIを活用できる人材を今後も育成していく考えだ。
(画像は大日本印刷 ニュースより)

▼外部リンク

大日本印刷 アプリ開発のAI人材の育成にAWS DeepRacerを採用
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1191333_1587.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ