ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

“空飛ぶゴンドラ”を「CES 2020」に出展 エアロネクスト

“空飛ぶゴンドラ”「Next MOBILITY(R)」を出展

株式会社エアロネクストは、「CES(R) 2020」(2020年1月7日~10日)に、同社が開発した“空飛ぶゴンドラ”「Next MOBILITY(R)」を出展することを発表した。開催地はアメリカのネバダ州ラスベガスだ。
今回公表した「Next MOBILITY(R)」は一人乗りのモデルだが、今後は搭乗できる人数を増やしたモデルを展開していく方針だ。
「Next MOBILITY(R)」はスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」(経済産業省)のCES “Eureka Park”に選出され、J-Startupパビリオン出展企業としてEureka Park(R)への出展が決定した。あわせて、公式メディアイベントである「CES Unveiled Las Vegas」にも参加が決定している。

“空飛ぶゴンドラ”の原理試作一号機

自動航行の“空飛ぶゴンドラ”は、エアモビリティのパブリック・アクセプタンス(社会受容性)を高めること、現在使用されていない空域の経済化を促進することを目的とした、新たなエアモビリティのコンセプトだとしている。パブリック・アクセプタンスとは、企業の活動についての社会の理解を促進する活動を言う。
VTOL(垂直離着陸機)「Next MOBILITY(R)」は、そうした新たなコンセプトである“空飛ぶゴンドラ”の原理試作一号機だ。新開発のVTOL重心制御技術「ティルトボディ(R)」と、数々の入賞経験をもつドローン重心制御技術「4D GRAVITY(R)」を採用している。

“機体の信頼性”が必要不可欠

エアロネクストは、ドローン・アーキテクチャについての研究と開発が事業主体の会社だ。同社の強みは
1.IP経営
2.ライセンスビジネス
3.グローバル展開
4.パートナーシップ、業務提携
5.専門性の高いマネジメントチーム
(株式会社エアロネクストホームページより)
だとしている。
ドローンが社会に受け入れられるためには、“機体の信頼性”が必要不可欠であると、代表取締役CEOの田路圭輔氏は考えている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社エアロネクスト
https://aeronext.co.jp/news/1912121000/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ