ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大阪市立大などが、量子流体エネルギーの測定に成功

絶対零度付近にて測定

2019年10月4日大阪市立大学が、東京大学、名古屋大学と共同でボース・アインシュタイン凝縮量子流体のエネルギー輸送測定に成功したと発表した。

なお、この測定は絶対零度付近にて光学技術を駆使して行われ、直接の測定に世界で初めて成功している。

今後の低温物理学、量子光学、流体力学に影響を与えるものとなると考えられる。

台風や河川の流れ解析に役立つ

台風の風や河川増水時の流れについて、以前から乱流であることが知られていたが、解析できた事例が無い。

数学、物理学、工学などを駆使して研究が重ねられてきたが、自然界に見られる乱流現象のメカニズムを解くことが出来なかった。

今回は、絶対零度付近の極低温域で、ルビジウム(原子時計に使用されるアルカリ元素の一つ)を用い、原子に照射するレーザー光線を効率的に制御することで、動きを観測することが出来た。

なお、これにより大きな流れが発達することで、小さな流れが生じるとの結論を出している。

乱流による被害低減が期待される

風や水の流れにより乱流が生まれるが、時折突発的な流れが生じることがある。

台風に伴う暴風それに伴う被害、河川増水時の氾濫や堤防決壊など、それまでの流れと異なり突発的に起こる流れがある。

今後は、乱流についての研究が進み、被害軽減に役立つと期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大阪市立大学HP
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/pr/press

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ