ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

LINE WORKS、農業ICTシステムNCXXファームと連携

ICTシステムで新規就農のハードルを下げる

2019年9月9日、ワークスモバイルジャパン株式会社は、株式会社ネクスグループが提供する農業ICTシステム「NCXXファーム(ネクスファーム)」と「LINE WORKS」が連携したことを発表した。
LINE WORKSは、「仕事仲間と使えるビジネス版のLINE」だ。チャット機能に加え、無料通話はもちろん、アドレス帳や予定表、ファイル共有、ログ管理など仕事に必要なすべての機能を1つのアプリで網羅している。すべての機能をスマートフォンだけでストレスなく利用でき、導入教育不要というメリットもある。

遠隔地からでもモニタリング可能

「NCXXファーム」は、デジタル管理された化学的土壌マネジメントによって育てた、安心・安全でおいしい健康野菜の販売と、栽培技術及びシステムの生産者向け提供をサービス。
特許登録済みの多段式ポット栽培により、従来の慣行農法とは異なり畑を必要とせず、最適な肥料設計の専用土を入れたポットを組み合わせることで、慣行農法に比べ、単位面積あたりの定植数・収穫量を大幅に増加させることができるという。
また、ICTシステムにより、遠隔地からでも圃場の環境データをモニタリングすることが可能で、入手したデータより、圃場の環境を最適な状態に自動制御を行うことができる。
換気扇、窓、遮光・保温カーテン、ミスト発生装置、灌水システムなどと連動し、ハウス環境、農作業状況の見える化により、熟練者の勘や経験に頼ることなく農業を始めることが可能となり、新規就農への参入ハードルを下げることに貢献している。

専門知識なし、かつスマホで操作可能

「LINE WORKS」と「NCXXファーム」が連携することで、「NCXXファーム」上でリアルタイムに変動する農耕地の状況を、スマートフォンと「LINE WORKS」を使って、いつでもどこでも把握することが可能となる。
悪天候など非常時においては、「NCXXファーム」が異常を検知次第、即座に「LINE WORKS」でアラートを受け取ることができ、現場作業員へ迅速な指示を行うことができる。
加えて、「LINE WORKS」はLINEのUI/UXを踏襲しているため、専門的なIT知識不要で「NCXXファーム」の情報にアクセスすることが可能だ。
農耕地に常駐せずに生産管理ができ、予測が難しい天候リスクなどの異常事態にも即座の状況把握・対応できることで、生産者の様々な作業負担軽減を実現し、新規就農をさらに後押しする。
今回の連携により、ネクスグループは、新たなサービスの創出や、LINEを踏襲した使用しやすいUIにより、今まで敷居が高かった農家へのIT導入の促進が期待できると考えているという。
(画像はホームページより)

▼外部リンク

ワークスモバイルジャパン株式会社 プレスリリース
https://line.worksmobile.com/jp/pr/20190909_02/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ