ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

高速道路で屋外型指向性スピーカーを用いた『音声』による注意喚起システムを開発

高速道路における交通事故防止に向けた取組み

2020年2月5日、中日本高速道路株式会社(以下、NEXCO中日本)は、交通事故防止に向けた取組みとして、屋外の指向性スピーカーからの『音声』により注意喚起するシステム(以下、同システム)を開発したと発表した。
交通事故防止に向けて、スピーカーを用いた『音声』による注意喚起は、音の拡散が少ないトンネル内では一定の効果のあることが確認されているが、トンネル以外では、音が周辺へ拡散することが課題となっていた。
このような課題に対処するため、NEXCO中日本は、早稲田大学の山崎芳男名誉教授と共同で、トンネル以外の屋外でも活用できる同システムを開発した。

指向性スピーカーを用いた注意喚起システムの概要

同システムでは、2方向から音を発生する平面スピーカーに、音量を減らさずに音の伝わる方向を調整する「導波板」と呼ばれる板を組み合わせることで、流したい範囲に限定して音声を流せる指向性スピーカーを利用している。なお、スピーカーの前面には、音響を透過する防水・防塵シートを貼り、屋外での耐久性を高めている。
東名高速道路 横浜町田インターチェンジ(下り)のオンランプに同システムを設置し、2019年8月から試行を開始し、試行開始前後の速度変化を分析した結果、同システムを運用する前と比較して、車両速度が4%(1.7km/h)低下し、事故は発生していないとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

中日本高速道路株式会社 ニュースリリース
https://www.c-nexco.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ