ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ヤフー、スマホ向け防災通知アプリで新機能「災害マップ」の提供を開始

ユーザー同士で現在地の状況を共有

2019年10月11日、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)は、同社が提供するスマートフォン向け防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」(以下、同アプリ)において、ユーザー同士で現在地の状況を共有することで、迅速な避難行動に繫がる新機能「災害マップ」(以下、同新機能)の提供を開始したと発表した。
同アプリは、自治体や気象庁から発信される情報とともに、他のユーザーが投稿した場所の状況を地図上で確認でき、台風や豪雨などの災害が発生した際には、避難情報や気象警報、「大雨危険度通知」などの緊急情報をプッシュ通知で伝え、ユーザーの避難判断を支援してきた。

「災害マップ」の概要

同新機能では、地域の周辺で災害状況に関するユーザー投稿数が所定の条件を満たした際に、プッシュ通知が届くため、災害が発生する数時間前から状況を確認し、慌てることなく避難の判断を行える。
また、「周辺の災害状況を確認する」ボタンから地図を開いて、土砂災害や河川洪水の危険情報とともに、ユーザー投稿の詳細報告を地図上で確認できる。
さらに、地図画面上や大雨危険度の通知画面に表示される投稿ボタンから、現在地の災害状況やライフライン状況を選択・投稿して、他のユーザーとも共有できる。
なお、同新機能は、2019年10月11日から約1カ月の期間限定で提供し、この間の利用状況をもとに、順次機能追加するとしている。
(画像はヤフー プレスルームより)

▼外部リンク

ヤフー プレスルーム
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2019/10/11a/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ