ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大阪大学 目の動きの解析で認知機能評価 研究成果発表

研究成果概要

大阪大学大学院医学系研究科の研究グループは、2019年9月10日(火)に目の動きを解析し、容易に認知機能を評価する新技術を開発したことを発表した。
認知機能検査方法は、医師との対面方式で行われる問診法が行われている。
検査に時間がかかり、また検査を受ける人の心理的負担が大きいことが従来の課題となっていた。
そこで、研究グループでは、映像を眺めるだけで、その視線の動きから認知機能を簡便に評価する方法の開発に成功した。
評価時間は、わずか3分弱。簡単な検査で認知機能の客観的な評価を行うことが可能となる。
効果として、認知症の早期診断や予防につながる可能性が期待される。
また、目の動きを利用した客観的な認知機能検査であるため、問診のような言語の介在を必要としない。日本発の検査方法として「認知症検査のグローバルスタンダード」に発展する可能性がある。

研究の背景と今後

認知症の急増が世界各国で社会問題となっている。従来は、認知症の判断は問診法以外の方法で認知機能を正確に判断することは難しく、効率的な手法が望まれてきた。
従来の標準的な認知機能検査法の結果と、今回の研究発表の内容は、高い相関を示すことがデータとして確認されている。データ比較からも高い信頼性を得られている。
研究成果は、2019年9月10日(火)米国科学誌「Scientific Reports」に掲載された。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大阪大学
http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2019/20190910_1

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ