ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ダイハツと関西学院大、「ハニカム型水素安全触媒」を開発

福島第一原子力発電所の廃炉に向けた国家プロジェクトの中で実施

2019年7月22日、ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)と関西学院大学・理工学部・田中裕久研究室の研究グループは、福島第一原発廃炉のプロセスにおける課題の一つである水素安全の確立のため、「ハニカム型水素安全触媒」(以下、同触媒)を開発したと発表した。

福島第一原発廃炉のプロセスにおいて、燃料デブリ等を長期間に渡り安全に保管する保管容器内で、燃料デブリ等の水分が放射線分解して水素ガスを発生する課題がある。

そこで、両者は、外部からの電力供給などを必要とせず、発生した水素と酸素を容器内で安全な水に戻す同触媒を開発したとのこと。

なお、同触媒の開発は、国家プロジェクト「国家課題対応型研究開発推進:英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業(2016~2018年度)」において、「廃炉加速化研究プログラム:廃棄物長期保管容器内に発生する可燃性ガスの濃度低減技術に関する研究開発」の中で実施した。

「ハニカム型水素安全触媒」の概要

同触媒は、ガソリン自動車用ハニカム型触媒を応用したもので、燃料デブリ等の保管容器内で発生する水素を容器内で安全な水に戻し、安全な濃度(4%未満)に保つ。

また、同触媒は高活性で、マイナス20度から水素濃度を低減できるなど、様々な環境で性能を発揮し、セラミックス・ハニカムに塗布されているため、軽量で取り扱いが容易だ。

さらに、貴金属使用量が極めて少なくコンパクトで、量産が可能であるため、実用性が高い。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ダイハツ ニュースリリース
https://www.daihatsu.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ