ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

温室効果ガスを化学原料に変換する光触媒を開発

メタンや二酸化炭素を有用化

2020年1月28日、東京工業大学、高知工科大学、九州大学、静岡大学の共同研究グループは、新しい光触媒の開発に成功したと発表した。
この触媒は、光を照射するのみでメタンの改質反応を起こすことができ、従来のような加熱が不要である。

劣化しない光触媒

従来の触媒も、メタン改質反応のひとつであるドライリフォーミング反応を利用し、メタンと二酸化炭素から、水素と一酸化炭素の合成ガスに変換が可能であった。
しかし、反応を促進させるためには、800度以上に加熱する必要があったため、大量に燃料が消費されることに加え、触媒の劣化も早くなるという問題も発生していた。
今回の光触媒は、加熱しない状態でも、50%超のメタンと二酸化炭素への変換率を示しており、十分な効率を確保できていることが確認された。
これにより触媒の寿命も延びることになり、耐久性が上がることにつながる。

温室効果ガス削減が可能に

近年、地球温暖化が問題になっているが、メタンと二酸化炭素はその原因の筆頭とされている。
触媒により、温室効果ガスを水素や一酸化炭素などの燃料として利用できれば、地球温暖化を抑制できると考えられる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JST
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20200128/index.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ