J-GoodTech新規登録はこちら

楽楽精算向けRPAサービスの開発・連携を開始

楽楽精算向けRPAサービスの開発・連携を開始

利用企業の業務効率化を目指して

2019年9月18日より、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)グループのオープンアソシエイツ株式会社が株式会社ラクスと業務提携を締結。
中小企業向けのクラウドサービスを提供するラクスと、経費精算システム「楽楽精算」向けのRPAサービスの開発・連携を開始し、利用企業に対し「楽楽精算」操作やそれに付帯する事務作業時間をRPAの活用により削減、業務効率化を目指す。

業務提携の背景と目的

2019年7月10日に総務省が発表した、住民基本台帳に基づく2019年1月1日時点の人口動態調査によると、日本人の15~64歳の生産年齢人口が全体の59.5%という、過去最低の減少となっている。
ビジネス環境が変化するなか、企業の競争力の源泉は限られた人的リソースの中で競争力を生み出す「知識労働の生産性向上」が重要な経営課題となっている。
この課題解決に向け、RPAおよびAI技術を中心にロボットというデジタルレイバーにより、国内最多導入数を誇る経費精算システムの「楽楽精算」を通じ、知識労働者を反復労働から解放し、双方の技術やノウハウの連携を通じて企業の生産性向上に寄与・促進する目的で、業務提携の合意に至った。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレリリースサイト:PR TIMES
https://prtimes.jp/

すべてカテゴリの最新記事