ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日本瓦斯、ガスの使用量をリアルタイムに計測できるNCU「スペース蛍」を自社開発

今後、LPガスや都市ガスを供給している顧客に順次導入

2019年7月2日、日本瓦斯株式会社は、ガスメーターをオンライン化し、ガスの使用量をリアルタイムに計測できるNCU「スペース蛍」(以下、同装置)の自社開発に成功したと発表した。

同社は、2021年3月期中に同社グループのLPガスを使っている顧客約85万件に同装置を導入した後、同社グループの導管で都市ガスを供給している顧客約41万件にも、順次導入する予定とのこと。

また、「LPG託送サービス」を開始し、他のLPガス事業者に対しても、エネルギープラットフォームを提供するとしている。

「スペース蛍」の概要

同装置は、これまで人間が月に1回、顧客宅で計測していた検針データを、遠隔で1時間に1回自動計測できようになるため、顧客宅のガス残量を可視化できる。

また、これまで人間が顧客宅に出向いて行っていた、ガスメーターの開閉も遠隔操作でできるため、顧客が開閉栓へ立ち合う必要がなくなり、利便性が大きく向上するとともに、ガスの微小漏洩警告等の保安情報もリアルタイムに把握できる。

なお、同装置は、電池交換が10年間不要であり、通信方式はSigfoxとLTE-Mのハイブリッドで、株式会社ソラコムと共同開発したIoTデータ収集基盤システムと連携しているため、特定の通信方式やキャリアの制限を受けることなくデータを取得できる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本瓦斯 プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/187560

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ