ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

接客ロボットの実証実験を複合商業施設で実施

人手不足に接客ロボットの活用を目指す

株式会社サイバーエージェントは、研究開発組織「AI Lab」が大阪市が開催するIoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」において、接客ロボットの実証実験を行うことを発表した。

この実証実験は、2019年7月16日(火)から8月4日(日)の期間に大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」で行われる。

この試みは同社のほか大阪大学・立命館大学との3者共同研究グループによるもの。

近年の生産年齢人口減少による人手不足などの社会課題に対し、ロボットを活用したサービスが期待される背景のもと、接客や広告媒体としてロボットを活用することで、店舗の省力・省人化や広告効果向上を目指し、AIを活用した研究に取り組んでいる。

これまで共同研究グループでは、接客ロボットに必要な要素技術を「通行人の行動の認識・予測」「通行人の注意を惹き付けるロボットの動作生成」と仮説し、ホテルのロビーやオフィスで実証実験や接客ロボットの技術についての効果検証を重ねている。

人を立ち止まらせ、誘導するロボット

今回の実験では、ロボットが通行する人に株式会社サイバーエージェントのノベルティグッズの推薦を行い、主に「通行人をロボットの前に立ち止まらせる動作生成」と「通行人をロボットの前で滞留させる動作生成」について検証を行うという。

ロボットは卓上型のコミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を使用する。小型で場所を選ばずに設置できることから、狭い店舗での導入にもつなげていくことを見込んでいる。

今後、共同研究グループでは実験を通して得た結果をもとに、ロボットによる接客・広告技術の研究を進め、実用化に向けて取り組んでいくという。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社サイバーエージェント ニュースリリース
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=23420

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ