ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

アフリカ ザンビア共和国において、ドローンでの物流サービス事業を実施

保健医療サービス全体の所要期間を短縮し検査の質を向上

2019年8月29日、ANAホールディングス株式会社(以下、ANAHD)、エアロセンス株式会社(以下、エアロセンス)および国立研究開発法人国立国際医療研究センター(以下、NCGM)は、ザンビア共和国の地上交通インフラが未発達な地域において、中央病院や郡病院等と農村部にあるヘルスセンターなどの間で、ドローンによる血液検体等の輸送(以下、同事業)を行うと発表した。

同事業では、血液検体等の輸送時間を短縮するとともに、輸送品質を向上することで、検体回収から診断、治療も含めた保健医療サービス全体の所要期間を短縮し、検査の質を向上するとしている。

なお、ANAHDは、国際協力機構の実施する2019年度第一回「中小企業・SDGsビジネス支援事業」(SDGsビジネス支援型)に採択されている。

事業の概要

同事業で運搬するのは、HIV/AIDSの診断や治療に必要な検査用血液検体(乾燥濾紙血液検体DBSを含む)、結核検査用の喀痰、その他医療関連物資(消耗品、試薬、迅速診断キット等)で、実施期間は、2020年1月~2021年6月の18ケ月間となる予定だ。

なお、ANAHDは、業務全体の統括・ドローン運用手順の確立と現地適用・現地人材への運用ノウハウ移転・事業計画の策定、カウンターパートとの連携を担当する。

また、エアロセンスは、ドローン運用準備・試運転、機体の改良検討、運用・技術指導支援、NCGMは、保健医療分野の助言・支援、カウンターパート連携(保健省)、現地パートナー等との連携支援などを行う。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ANAホールディングス プレスリリース
https://www.ana.co.jp/group/pr/201908/20190829-4.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ