ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NICT・原子力機構など、太陽放射線被ばく警報システムの開発に成功

宇宙放射線による被ばく線量の増加を懸念

2019年11月7日、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所を中心とする研究グループ(以下、同研究グループ)は、太陽フレア発生直後から太陽放射線による被ばく線量を推定する「太陽放射線被ばく警報システムWASAVIES(ワサビーズ)」(以下、同警報システム)の開発に成功したと発表した。
航空機乗務員の宇宙放射線による被ばくは、職業被ばくとして認定され、民間航空会社では、乗務員の被ばく管理を行うことが必要とされている。
一方で、太陽フレア発生時に突発的に太陽から飛来する太陽放射線は、平均年1回程度発生する大規模太陽フレアに伴って突発的に増加し、数時間程度で減少するため、被ばく線量をリアルタイムに推定することは困難であった。
このようななか、同研究グループは、宇宙放射線による被ばくに関する情報提供を目指し、太陽放射線被ばく警報システムの開発を進めてきた。

太陽放射線被ばく警報システムWASAVIES(ワサビーズ)の概要

同警報システムでは、太陽フレア発生時に飛来する太陽放射線の突発的な増加を、地上と人工衛星の観測装置を用いてリアルタイムに検出し、放射線被ばく線量を地球上の高度100kmまでのあらゆる場所でリアルタイムに推定できる。
このため、航空機乗務員等の被ばく線量をリアルタイムに監視し、必要に応じて航路を変更するなど、航空機の運航管理に利用される宇宙天気情報の一つとして情報を提供できるようになった。
なお、NICTは、国際民間航空機関(ICAO)におけるグローバル宇宙天気センターの一員として、通信・衛星測位・放射線被ばくに関する情報を提供していくとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NICT プレスリリース
https://www.nict.go.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ