ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

脳MRI画像診断領域でのAI画像診断技術の商用利用を目指した実証実験を開始

MRI撮影検査の件数が増加して、放射線科医の負担が増大

2019年11月29日、メッドサポートシステムズ株式会社(以下、メッドサポートシステムズ)と株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、AI画像診断技術(以下、同技術)の商用利用を目指した実証実験(以下、同実証実験)を開始すると発表した。
近年は、高齢化社会が進展するに伴い、予防医学の観点から受ける人間ドックでもMRI撮影検査(以下、同検査)の件数が増加している。
しかしながら、同検査は放射線科医にとって難易度が高く負荷の高い診断業務で、不足している放射線科医の負担がより高まっている一方で、医療従事者の働き方改革推進が求められており、同検査の効率化が課題となっている。
このようななか、読影業務ソリューションを提供するメッドサポートシステムズとAI画像診断支援ソリューションの開発を進めるNTTデータは、脳MRI撮影画像における医療の質向上を伴った業務の効率化を目指して、共同で同実証実験に取り組むこととなった。

AI画像診断技術の商用利用を目指した実証実験の概要

同実証実験において、メッドサポートシステムズは、AI診断支援用ビューアを開発して、匿名加工された画像情報により画像診断情報システムのノウハウに基づくAIエンジンを評価する。
また、メディカルスキャニングにおける医療機関から人間ドック受診者までの幅広い患者への適応性や、運用面での業務効率化について、実際の運用を見据えて検証する。
一方、NTTデータは、AI開発環境を構築するとともに、AI技術を活用したAI診断支援エンジンを開発する。
なお、2019年11月~2020年2月の期間に、NTTデータがAIエンジンの開発を行い、2020年2月~2020年3月の期間に、メッドサポートシステムズが効果を検証する。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社NTTデータ ニュースリリース
https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2019/112900/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ