ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

J:COM 国内初となるオンライン診療の実証実験開始


テレビを活用した遠隔医療の実証実験開始

2019年8月2日、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)は、福岡市、東京都足立区、葛飾区、練馬区において、家庭にあるテレビを用いた遠隔医療(オンライン診療)の実証実験を2019年9月より開始することを発表した。この試みは国内初となる。

オンライン診療の実現には、株式会社ジュピターテレコムが開発した遠隔医療システムと、オンライン診療サービス事業者の株式会社インテグリティ・ヘルスケアおよび株式会社MICINが医療機関に提供するシステムを活用する。

株式会社ジュピターテレコムのオンライン診療アプリと、オンライン診療サービスのインテグリティ・ヘルスケア「YaDoc (ヤ―ドック)」およびMICIN「curon(クロン)」のシステム連携により、ケーブルテレビのインフラを使用して、患者宅のテレビ画面での高齢者向け遠隔医療の有用性について実証実験を行う。

遠隔治療への期待

超高齢社会を迎えた日本においては、慢性疾患を患う高齢者が増加する一方、通院による介護の負担や医師の地域偏在といった課題が顕在化している。

ICTの普及により遠隔治療の期待が高まっているが、現在の主なデバイスはスマートフォンとなっており、スマートフォンに慣れない高齢者には高いハードルとなっている。

2021年度の商用化が目標

同実証実験は厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針」を遵守し、高いセキュリティレベルを維持して行う。また、福岡市での同実証実験は「Smart East PoC Program」(最先端技術や革新的なビジネスモデルなどの導入により、未来に誇れる都市を創造していくためのプログラム)に採択されている。

株式会社ジュピターテレコムは、身近なデバイスであるテレビでの遠隔治療を目指し、約551万世帯が加入する株式会社ジュピターテレコムのケーブルテレビを利用した総合ヘルスケアサービスの提供を検討している。

将来的には株式会社ジュピターテレコムの地域拠点71局を中心に、スタッフがシステム導入および利用サポートを行う。商用化は2021年度が目標だ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ジュピターテレコム
https://newsreleases.jcom.co.jp/file/81445_print.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ