ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

食べることが健康の秘訣であることを証明

腸内細菌叢に変化が起きる

2019年12月27日、東京医科歯科大学は、栄養を経口から摂取することが体の健康状態を改善することにつながることを解明した。

栄養を患者の口からと、胃に直接送ることでの違いを検証したわけであるが、食物や唾液、口腔細菌が腸へ運ばれる過程で、腸内細菌に有用な影響をもたらすことが分かってきた。

なお、自分の口から食物を食べられるようになると、健康状態にも変化が起こり、良い方向へ向かうことも判明している。

脳卒中患者にて検証を実施

今回の検証は、脳卒中に罹り自分の口から食べ物を摂取することができない状態になった患者にて行われた。

胃に直接栄養分を送るいわゆる胃ろうであるが、症状が改善した後に行われる、摂食嚥下訓練を受けられる状態になった時の栄養や健康状態の比較を行ったものである。

なお、それぞれの場合において唾液と便を採取し、腸内細菌叢の組成変化も確認している。

結果、口から食物を摂取した方が、腸内細菌叢に良い変化をもたらすことが判明し、口での咀嚼機能回復だけでなく栄養状態や健康状態の改善に影響を及ぼすことが証明された。

口で食べ物をかむことは重要

口で咀嚼を行い食べ物を食べることは、健康になる一つの要因であると近年言われている。

脳の活性化や、消化酵素による栄養分の分解促進などに加え、食べることで喜びを感じ精神的にも良いという研究結果も出ている。

今後は、医療による治療戦略の一環として、食べることが加えられるであろう。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京医科歯科大学
http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20191227_1.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS