J-GoodTech新規登録はこちら

AIによりマンションの推定成約価格を即時に算出する「リハウスAI査定」を開発

AIによりマンションの推定成約価格を即時に算出する「リハウスAI査定」を開発

所有するマンションの推定成約価格を、いつでも気軽にウェブサイト上で把握可能

2019年12月16日、三井不動産リアルティ株式会社(以下、三井不動産リアルティ)と株式会社エクサウィザーズは、所有マンションの推定成約価格をAIにより即時に算出して提示するシステム「リハウスAI査定」(以下、同システム)を共同で開発し、三井不動産リアルティが運営する「三井のリハウス」ウェブサイト(以下、同サイト)において公開すると発表した。
同システムにより、マンションの所有者が将来の住みかえを検討して、売却活動や購入物件の選定をスムーズに行えることを支援するために、現有マンションの推定成約価格を把握できる情報を提供できるとしている。

「リハウスAI査定」の概要

同システムでは、三井不動産リアルティにおいて実際に取引された膨大な成約事例をAIが学習し、立地・グレード・階数・向きなどの住戸の特徴に応じて、推定成約価格を算出する。
同システムを利用する際には、専用サイトにアクセスして対象物件を選択し、氏名とメールアドレスを登録すると、メールで確認用ページのURLが案内されるので、当該ページで推定成約価格を知ることができる。
なお、対象となる物件は、全国18都道府県のマンション約30,000棟だ。
また、推定成約価格の推定精度を評価する誤差率MER(Median Error Rate、誤差率中央値)は、首都圏1都4県で4.89%、首都圏エリア以外を含む全国では5.34%と小さく、高水準の精度を実現したとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三井不動産リアルティ株式会社 ニュースリリース
https://www.mf-realty.jp/news/2019/20191216_02.html

すべてカテゴリの最新記事