ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

農研機構が、低アミロースの新水稲を開発

冷めても硬くなりにくい品種を開発

2019年10月8日、農研機構はアミロース含有量が少ない米の新品種開発に成功したと発表した。
この水稲新品種は、里を明るく照らす月を意味し「さとのつき」と命名され、冷めても硬くなりにくいことから、チルド用やブレンド用途などの業務向けご飯に利用される。
なお、西日本向けの新品種として開発され、耐倒伏性が強く、縞葉枯病には抵抗性を示す特徴がある。

他の品種と比べて多収である

「さとのつき」は、西日本で栽培されている「ヒノヒカリ」より2割、「姫ごのみ」より1割ほど多収であり、アミロース含有量が11%と低い。
炊飯後は、粘りが強く、柔らかいという特徴があるが、業者向けと言う事で収量がより多い品種の開発が求められていた。
なお、「さとのつき」は、低アミロース系統の「中系d2837」、強耐倒伏性「関東PL12」の雑種第1代、良質・良食味の「中国178号」を交配育成した品種である。

米の需要変化に対応

近年、主食用米の約4割は外食などの業務用に使われているが、日本人が主食として家庭で食べていた頃とは状況が変わっている。
その場で炊いて食べるのであれば、「さとのつき」のような品種開発は不要であったが、より加工がしやすく持ちが良い品種需要が増えたことになる。
なお、ブレンドに適していることからもその場での味よりも、保存性や加工性が重要視されていることが分かる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

農研機構HP
https://www.naro.affrc.go.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ