ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

岡山大学など地下660kmの不連続構造を解明

SPring-8の放射光を利用

2019年10月4日、岡山大学、東北大学、広島大学、バイロイト大学(ドイツ)などと共同で、地下660kmに存在する不連続層の構造を解明したと発表した。

本研究により、地球のマントルが岩石で構成されるバイロライト組成であることを裏付けると共に、マントル対流の様子を把握することが可能になる。

この発見は、今までの常識が覆る発見として注目される。

ある層を境にマントル対流が異なる

今まで多くの地球物理学者の定説では、上部マントルと下部マントルは一体となって対流していると考えられていた。

今回、理化学研究所が所有する放射光発生装置であるSPring-8を利用し、得たデータを基に、高温高圧実験技術による相転移実験と熱化学計算を組み合わせることで、660 km付近での岩石組成が異なることを発見し、この層がマントル対流の境目であると結論付けた。

マントル対流により陸地が動く

地球内部のマントルは、内部からの対流が起こっていると考えられてきた。

地球の陸地がマントルの上に乗っており、地殻変動の原因になることが知られていたが、対流がどのようになっているかは推測でしかなかった。

今後詳細が解明されることにより、陸地の移動やプレート移動による地震の起こるメカニズムについても研究が進むと期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

岡山大学HP
https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id670.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ