ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

花王など、歩行時の足圧を測定・データ解析する技術「足圧総合評価システム」を開発

健康寿命の延伸に貢献する取り組みのひとつ

2019年06月26日、花王株式会社パーソナルヘルスケア研究所は、東京医療保健大学医療保健学部医療情報学科と同研究所の産学連携共同研究グループが、歩行時の足圧を測定・データ解析する技術「足圧総合評価システム」(以下、同システム)を開発したと発表した。

同社は、健康寿命の延伸に貢献する取り組みを展開している。このなかで、日常生活全般において、「生活活動(からだを動かすこと)」を含めた「身体活動」が重要であることがわかってきたとのこと。

このため、ヒトの「歩く」特徴を科学的に解明して見える化する研究を進めてきた。

「足圧総合評価システム」の特長

同システムは、「足指面積出力」、「足型判定」および「足圧評価」の3つのシステムから構成されている。

「足指面積出力システム」では、センサー圧力シートを用いて、通常歩行の足圧データを取得し、足裏全体の面積に対する足指面積の割合から「足指面積率」を算出して歩行時の足指の状態を評価する。

2015年に20~90代の3,324名を対象として測定した結果では、70代以降で、足指面積率の有意な低下が認められ、女性高齢者126名では、直近1か月間での転倒したしたことのある群に足指面積率の低下が認められたとのこと。

「足型判定システム」では、「足型判定指標」として、足圧データの足指部分を削除した足底部を、前足部・中足部・後足部に3分割し、足底部全体に対する中足部の圧力比率(MAI)を算出しており、MAIが小さいとハイアーチ、大きいと扁平足となる。

2015年に測定した結果では、女性では60代以降、男性では70代以降でMAIが増加し、扁平足化が認められたとのこと。

「足圧評価システム」では、足指面積率の結果を反映した「足指活用力」、足圧データを平均化して表示した「平均足圧」、MAIの結果を反映した「足型判定」および総合評価としての「足圧年齢」のレポートを表示する。

2018年に実施した歩行測定会では、足圧評価結果レポートを参加者にフィードバックし、アンケート調査を実施した結果、歩行機能を理解するきっかけとなり、歩行へのモチベーションが高まることがわかったとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

花王 ニュースリリース
https://www.kao.com/jp/corporate/news/2019/20190626-001/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ