ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

コミュニケーションロボットを入院患者への説明支援に活用した効果を評価研究

医療従事者の業務負担軽減は長年の政策課題

2019年9月17日、国立研究開発法人国立国際医療研究センター(以下、NCGM)と株式会社日立製作所(以下、日立)は、日立のコミュニケーションロボット「EMIEW3(エミュースリー)」(以下、同ロボット)を入院患者に対する説明支援に活用した効果について評価する研究(以下、同研究)を、2019年8月23日に開始したと発表した。

看護師をはじめとする医療従事者は、入退院の手続きや注意事項等、患者に定型的な説明を行うための時間を多く費やしているため、これらの業務負担を軽減することが長年求められてきた。

このようななか、NCGMは働き方改革を推進し、医師事務作業補助者や看護補助者の拡充とともに、ロボットやAI等の活用を検討している。

一方で、日立が2016年4月に開発した同ロボットは、多言語会話と自律走行機能を有するコミュニケーションロボットで、公共空間のような雑音環境下でも音声認識性能が優れている。このため、駅、空港や商業施設等のさまざまな施設で運用されてきた。

「EMIEW3」を入院患者に対する説明支援に活用した効果の評価研究

同研究では、NCGMの入退院支援センターにおいて、入院の際、患者50人には従来どおり医療従事者が説明し、他の患者50人には、説明の一部を同ロボットが代行する。

これらの2通りの説明方式について、医療従事者の説明対応時間や負担感を比較するとともに、患者の満足度等も調査し、ロボットの導入効果や、ロボットによる説明を患者が受け入れられるかどうかの実現性を評価する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日立 ニュースリリース
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/09/0917.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ