ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

JR東日本、風力発電所を活用した「CO2フリー電気」を男鹿駅で使用開始

CO2排出量削減に向けた取組み

2019年7月1日、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)は、男鹿駅で使用する電気を、JR 秋田下浜風力発電所(以下、同発電所)を活用した「CO2フリー電気」に切り替えたと発表した。

JR東日本は、「省エネ」「創エネ」「エコ実感」「環境調和」を4つの柱とする環境保全技術を取り込み、12 の駅を2020年までに整備する「エコステ」の取り組みを進めている。

男鹿駅は、「エコステ」のモデル駅として指定されており、2018年7月1日から、9基の小形風力発電機によって使用する電気の一部を賄っている。

風力発電所を活用した「CO2フリー電気」の概要

同発電所は、JR東日本が秋田市内の下浜駅近くに建設した設備で、発電能力は風車1基で2メガワットある。

同発電所で発電されたFIT電気は、東北電力株式会社が買取り、環境価値の由来となった発電所を明らかにするトラッキング情報が付与された「非化石証書」を調達して男鹿駅に供給する。

このため、男鹿駅で使用する電気は、J同発電所由来のCO2排出量ゼロの電気として取り扱われるとのこと。

JR東日本は、今後も東北エリアを中心に各地で風力・太陽光・地熱などの再生可能エネルギーの開発に取り組み、同エリアで走行する電車のCO2フリー化を目指すとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JR東日本 ニュースリリース
https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190607_ho01_1.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ