ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

岡山県赤磐市でコネクティッドカーを活用した道路維持管理の実証実験を開始

適切な道路維持管理を継続するための対応策が課題

2019年7月23日、一般財団法人 トヨタ・モビリティ基金(以下、同基金)は、岡山県赤磐市において、コネクティッドカーと呼ばれるネットワーク接続機能を持つ車両を活用し、道路の維持管理に関する実証実験(以下、同実証実験)を開始すると発表した。

なお、同実証実験を実施するにあたって、同基金は、赤磐市、岡山大学、岡山県、赤磐警察署等とともに、道路維持管理の新たな手法を考える協議会(以下、同協議会)を設立した。

全国の自治体は、日々のパトロールや定期的な調査により、道路の維持管理を行っているものの、道路等の老朽化が進展して維持管理・更新費用が増大しているうえに、近年は、頻発する自然災害によりインフラ等が被害を受ける問題に直面している。

このようななか、車両に搭載されたセンサーの振動情報や、ドライブレコーダーによる画像を収集・分析し、路面の劣化状態を数値化して道路の維持管理を効率化する取り組みが進められているが、予算や使い勝手等の問題で、導入が進展しない状況とのこと。

そこで、同協議会は、中小規模の自治体における道路維持管理を効率化するために、同実証実験に取り組むこととなった。

実証実験の概要

同実証実験は、同市において、2019年7月~2021年3月の期間実施され、コネクティッドカーから取得される車両挙動ビッグデータや、公用車に搭載したドライブレコーダー等の様々な情報を活用して、上下水道や橋梁等の既存の行政インフラデータへ活用する方法を検討する。

また、災害対応NPO等が収集する災害状況画像や位置等の情報を活用する方法について検討する。
(画像はトヨタ・モビリティ基金公式ホームページより)

▼外部リンク

トヨタ・モビリティ基金 プレスリリース
http://toyotamobilityfoundation.org/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ