ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

立川駅周辺エリアにおけるMaaSの実証実験を実施

立川エリアでの「おでかけ」全体をサポート

2019年10月11日、小田急電鉄株式会社(以下、小田急電鉄)と東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)は、株式会社ヴァル研究所(以下、ヴァル研究所)と協力し、MaaSに関する連携検討の具体的な取り組みとして、「立川駅周辺エリアにおけるMaaSの実証実験」(以下、同実証実験)を行うと発表した。
MaaS(Mobility as a Service、マース)とは、ICTを活用して交通をクラウド化し、マイカー以外のすべての交通手段による移動を1つのサービスとしてシームレスにつなぐ新たな「移動」の概念だ。
同実証実験は、東京都が公募した「MaaSの社会実装モデル構築に向けた実証実験」として実施するもので、立川エリアでの「おでかけ」全体をサポートし、周辺道路の混雑緩和や対象地域の商業・観光施設の来訪者満足度向上を図るとしている。

実証実験の概要

同実証実験は、立川駅周辺エリアを対象地域とし、JR東日本の中央線(東京~甲府間)・南武線および小田急グループの立川バスのリアルタイム運行データを用いた「経路案内」と、多摩モノレールの1日乗車券および沿線施設の利用券がセットになった「電子チケット」を1つのアプリで提供する。
なお、小田急電鉄は、「事業の管理・調整」「電子チケット発行・決済基盤の開発」「ユーザフロントアプリの開発」など、JR東日本は、「リアルタイム運行データを用いた経路案内機能の開発」「対象線区のリアルタイム運行データの提供」を担当する。
また、ヴァル研究所は、「経路検索機能の提供」「ユーザフロントアプリの開発支援」「電子チケット発行・決済基盤の開発支援」、多摩都市モノレール株式会社は電子チケット商品の提供、立川バス株式会社はリアルタイム運行データの提供を担当する。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

小田急電鉄 ニュースリリース
https://www.odakyu.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ