ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

動画を「さわれる」技術 NIKKEI STYLE等配信の番組に採用

ニュースメディアでは初導入

2019年7月9日、動画拡張テクノロジーベンチャー・パロニム株式会社は、同社が開発する動画技術「TIG(ティグ)」が情報番組「MJMJ(もじゃもじゃ)ミライ会議」に採用され、2019年7月4日より提供が開始されたことを発表した。

「MJMJミライ会議」は、NIKKEI STYLE等で配信されている消費・流通やマーケティングに特化した専門紙「日経MJ」を参考に、話題の商品やスポットを紹介する番組だ。

ニュースメディアで「TIG」が活用されるのは今回が初の事例となるという。今後半年間に渡り、月間2本のペースで配信される。

「TIG」の活用による動画の新たな楽しみ方

今回導入された新時代型動画拡張テクノロジー「TIG」は、動画視聴中に、商品、音楽、料理、人物など、見ている人がさわる(気になったものを画面上でタップする・クリックする)だけで、瞬時に情報をストックする技術だ。

自分がさわったものはストックリストにたまっていく。ストックした情報の詳細ページへは、視聴中や視聴後、自由なタイミングで閲覧することができ、商品の購入、出演者の情報、アクセスマップなど、知りたかった情報へダイレクトにアクセスすることができるようになる。

例えば、アパレルブランドのプロモーション動画を視聴し、モデルが着用している商品で気になったものをさわり、ストックリストへ入れておいて、後からじっくり商品ページを見て注文する。そのような流れを実現する。

動画をいったん停止して検索をかける動作が不要になる上に、検索リテラシーや言語依存による言葉の壁も解消され、誰でも平等に、かつ直感的に操作が可能だ。

「MJMJミライ会議」では、動画内に出現する「TIG」箇所にさわるだけで、元記事へと誘導し、内容の理解度を高める仕組みになっている。

また、「動画から動画」への導線を作ることで、番組内では伝えきれない、特典情報へとつなげる楽しい工夫も施し、知的好奇心を刺激するニュースメディアを実現しているという。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

パロニム株式会社 ニュースリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/188092

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ