J-GoodTech新規登録はこちら

視覚障がい者が印刷物の文字情報を音声で取得できる技術を開発

視覚障がい者が印刷物の文字情報を音声で取得できる技術を開発

健常者と比較して取得できる情報量が限られる視覚障害

2019年12月2日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)は、NEDOが高齢者や障がい者の生活の質(QOL)の向上を目的に取り組んでいる「課題解決型福祉用具実用化開発支援事業」において、エクスポート・ジャパン株式会社(以下、エクスポート・ジャパン)が「視覚障がい者が食品の原材料や医薬品の用法用量などの音声情報を取得できる技術」(以下、同技術)を開発したと、発表した。
視覚障がい者にとっては、パッケージや説明書などの印刷物からの情報取得が困難であり、健常者と比較して取得できる情報量が限られる。
このため、点字が従来から利用されているものの、パッケージや説明書などの印刷物に用いる場合の費用や手間がかかるうえに、運用上、日本語と外国語の点字を混在させることが困難であった。

印刷物の文字情報を音声で取得できる技術の概要

同技術では、視覚障がい者が、食品や医薬品などに印刷されたQRコードから、自分のスマートフォンの設定言語に合わせて、食品の原材料や医薬品の用法用量などの情報を音声で取得できるようになる。
なお、全盲の障がい者でも指で触れることでQRコードの場所を把握できるように、QRコードが印刷された位置に凹型のくぼみもしくは点字状の突起がつけられており、カメラモードの有無や水平感覚が音で通知されるため、容易にQRコードを読み取ることができる。
また、文字情報を多言語で自動的に音声化する機能を実装している。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

NEDO ニュースリリース
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101245.html

すべてカテゴリの最新記事