ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大日本印刷、環境配慮パッケージでCO2削減2500トンを突破

DNP植物由来包材「バイオマテック」の出荷量から算出

2019年7月5日、大日本印刷株式会社は、同社が開発したDNP植物由来包材「バイオマテック」(以下、同包材)を使用することで、2018年度のCO2排出量が、石油由来の包材を使用した場合よりも2,500トン以上減少したと発表した。

同削減量は、同包材の出荷量から算定したもので、杉など17.8万本の森林が1年間で吸収するCO2量に相当するとのこと。

同社は、地球環境に配慮した持続可能な社会を維持する取り組みを率先している。

このようななか、包装材などにおいても、再生可能な資源を利用し、CO2の削減に貢献するとともに、リサイクルを積極的に推進して廃棄物を減らすパッケージシリーズ「GREEN PACKAGING」(以下、同シリーズ)を展開している。

DNP植物由来包材「バイオマテック」の概要

同包材は、同シリーズの柱のひとつで、石油由来のプラスチックフィルムと同等の特長を有し、食品や日用品など、さまざまな商品に使用できる。

同包材の原料の一部は、持続可能な原料調達の観点から石油資源の使用量を削減するために、サトウキビから砂糖を精製した際の副産物(廃糖蜜)やとうもろこしなど、植物由来の資源を使用している。

なお、植物は、光合成でCO2を空気中から吸収しながら生育するため、使用後のパッケージを焼却する際に排出されるCO2と相殺される。

この結果、製品のライフサイクル全体では、石油由来のプラスチックフィルムと比べて、CO2排出量を約10%以上削減すると試算している。
(画像は大日本印刷公式ホームページより)

▼外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1192509_1587.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ