ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

交通規制内に誤進入する車両から作業員を守る「大型移動式防護車両」を開発

高速道路などでの交通規制を伴う路上作業時に作業員の安全を確保

2019年09月25日、中日本高速道路株式会社のグループ会社(以下、同グループ会社)である中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋株式会社(以下、メンテ名古屋)は、東邦車輛株式会社と共同で、高速道路などでの交通規制を伴う路上作業時に、作業員の安全を確保するための「大型移動式防護車両」(以下、同車両)を開発したと発表した。

ここ数年、高速道路において交通規制を伴う路上作業を行っている最中に、通行車両が誤って規制区域内に進入して工事車両や工事規制器材に衝突する事故、あるいは作業員が死亡または負傷する事故などが大幅に増加している。

このため、同グループ会社では、これまでも、一般車両が進入したことを瞬時に検知し知らせる「緊急遠隔しらすんだー」や、衝撃を検知するとエアバッグを膨張させ作業員の損傷を軽減させる「エアバッグ式安全チョッキ」など、路上作業員の安全を確保する製品を開発してきた。

「大型移動式防護車両」の概要

同車両は、伸縮可能な保護ビームを備えた大型の移動式防護車両で、作業スペースを広く確保できる。また、車体後部には衝撃緩衝装置を装備しているうえに、その後方に防護車両を配置することで、通行車両が後方から追突した場合でも作業スペースを防護できる。

メンテ名古屋は、交通規制を伴う路上作業の約4割に同車両を活用することで、作業員の更なる安全性向上や工事規制作業の省力化を図るとしている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

中日本高速道路 ニュースリリース
https://www.c-nexco.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ