ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東京エレクトロンデバイス、超高速ディープラーニングシステム「CS-1」の受注開始

2019.12.23

GPUでは、より高精度なAIにするための学習時間短縮には限界

2019年12月19日、東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)は、米国のCerebras Systemsと販売代理店契約を締結し、超高速ディープラーニングシステム「CS-1」(以下、同システム)の受注を開始すると発表した。

幅広い分野にAIが急速に導入されつつあるが、AIをより高精度にするには、学習量を増やす必要があるため、多くの演算機能が要求される。

このようななか、元々グラフィック処理のために開発されたGPUは、計算速度が速いため、これまでは、AIの学習においても使われてきたが、学習時間を短縮するには限界があった。

「CS-1」の概要

同システムは、ディープラーニング専用に設計された21.5cm角の大型半導体「WSE(Wafer Scale Engine)」を搭載し、ディープラーニングの専用システムとして最適化されており、現在最大のGPUチップと比較して、学習時間を大幅に短縮できる。

また、設置面積が小型化され、最大消費電力が20KWと低消費電力であるとのこと。

なお、Googleが開発しオープンソースで公開しているTensorFlowや、Facebookの人工知能研究グループにより開発されたPyTorchなど、主要な機械学習に用いるためのソフトウェアライブラリを統合するので、ユーザーはワークフローを変更せずに学習を開始できる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

東京エレクトロン デバイス株式会社 ニュースリリース
https://www.teldevice.co.jp/pro_info/2019/press_191219.php

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS