ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ZMPが宅配ロボットを利用した、物流ソリューションの販売を開始

ロボットが荷物を運んでくる

2019年9月18日株式会社ZMPは、宅配ロボット「CarriRo Deli」オフィスビル向け物流ソリューションの販売を開始したと発表した。
これは、自立移動型のロボットによる宅配を目的とし、現在人の手で荷物を運搬している業務負荷を軽減しようというものである。
なお、国の省庁や企業も本格導入に向け動き始め、公道を走行できるように法整備されることも見据えた動きが出てきている。

まずはオフィスや私有地で実証実験が進む

今回は、オフィスビル内に活動範囲を限定し、荷物を指定の場所まで運搬する実験を行う。
エレベーターにロボットが自ら乗り、指定の階で降りて、目的のオフィスまで荷物を運ぶという自動化運転についてデータを集める。
なお、今後法整備が進み、公道走行可能となることを想定し、オフィスビルや企業の敷地内での検証も行われる予定である。

遠隔監視することで安全性も確保する

ZMPは、自動車の自動運転技術を開発する会社であるため、その技術を宅配ロボットにも応用する。
カメラやセンサーを搭載し、360度監視しながら最大時速6kmで進むが、いざという時のために遠隔監視や遠隔操作も可能としている。
なお、積載量は最大50kgであるため、清涼飲料水や食材などの重量物にも対応が可能で、マンションなどの高層ビル内を担当する宅配業者の負担を減らせると期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ZMP HP
https://www.zmp.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ