ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

富士通研究所と東大、がんゲノム医療を効率化するAI技術を共同研究で開発

がんゲノム医療では、患者に適した治療法や治療法ごとの効果などの解読作業に多大な時間

2019年11月6日、株式会社富士通研究所(以下、富士通研究所)は、2018年4月から東京大学医科学研究所(以下、東大医科研)と進めてきた共同研究において、がんゲノム医療を効率化するAI技術(以下、同技術)を開発し、東大医科研での実証実験によって効果を確認したと発表した。

がんゲノム医療では、がん患者の遺伝子変異を明らかにすることで、患者ごとに最適な医療を提供する。しかしながら、検出された遺伝子の変異に対して、過去の症例を参考にして治療方針を検討するため、データベースから該当しそうな論文を一つ一つ検索し、患者に適した治療法や治療法ごとの効果などを解読する作業に多大な時間がかかっている。

がんゲノム医療を効率化するAI技術の概要

同技術では、富士通研究所の言語処理AI技術と治療方針の検討作業で必要な情報に関する東大医科研の知見とを組み合わせ、遺伝子変異と治療薬の関係性や、治療薬と効果の関係性などを医学論文から自動的に抽出し、ナレッジグラフと呼ばれるグラフ構造型のデータベース(以下、同データベース)として構築した。

実証実験では、東大医科研において、実際に行われた急性骨髄性白血病の診療ケースを題材に、同データベースを用いて検索し、検討する作業の時間を測定した。

この結果、各遺伝子変異に対する従来の検討作業では、1件あたり平均約30分かかっていたところ、同技術を活用することで、検討時間を半分以下に削減できることを確認した。これは、12,000人以上と推定される日本の白血病の年間罹患者全員を対象に同技術を適用した場合、専門の医師による6,000時間の検討作業が、3,000時間以下に短縮できることになるとのこと。
(画像は富士通研究所公式ホームページより)

▼外部リンク

富士通研究所 プレスリリース
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/11/6.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ