ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験

自動運転技術の実用化を加速させる支援プロジェクト

2019年7月22日、東京空港交通株式会社(以下、東京空港交通)、東京シティ・エアターミナル株式会社(以下、T-CAT)、日本交通株式会社(以下、日本交通)、日の丸交通株式会社(以下、日の丸交通)、三菱地所株式会社(以下、三菱地所)、株式会社JTB(以下、JTB)、株式会社ZMP(以下、ZMP)の7社は、MaaSを活用して空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験(以下、同実証実験)を行うと発表した。

東京都は、自動運転技術の実用化を加速させるため、自動運転技術や先端的なICT技術等を組み合わせたビジネスモデルプロジェクトの支援事業を行っている。

2019年度の支援プロジェクトとして、『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』(以下、同プロジェクト)が採用されたことに伴い、同実証実験が実施されこととなった。

なお、MaaS(Mobility as a Service)とは、ICTを活用して交通をクラウド化し、公共交通など、マイカー以外のすべての交通手段をシームレスにつなぐ新たな「移動」の概念だ。

同プロジェクトでは、交通混雑を解消し環境負荷を低減するとともに、年々増加するインバウンド観光客移動の効率化を図り、交通弱者のサポートや慢性的なドライバー不足へ対応することを目指すとのこと。

実証実験の概要

同実証実験では、成田空港/羽田空港と東京シティエアターミナル(東京都中央区)を結ぶ空港リムジンバスと、東京シティエアターミナルから丸の内パークビルディング(東京都千代田区)を結ぶ約3kmを走行する自動運転タクシー連携させる。2019年9月頃に、利用者をウェブサイトにより募集する予定だ。

なお、自動運転タクシー車両は、ZMPが開発したミニバンタイプ(ZMP RoboCar MiniVan)2台を使用し、日本交通と日の丸交通が運行する。
また、JTBは、MaaSに適応した旅行サービス化の検討と販売を行い、三菱地所とT-CATが施設を提供する。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

三菱地所 ニュースリリース
http://www.mec.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ