ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

プラス、「紙製クリアーホルダー」を発売

プラスチック使用量を削減し、燃えるゴミとして廃棄可能

2019年12月12日、プラス株式会社(以下、プラス)は、プラスチック使用量を約70%削減し、燃えるゴミとして廃棄可能な「紙製クリアーホルダー」(以下、同製品)を発売すると発表した。
近年は、魚介類の体内からマイクロプラスチックが検出され、レジ袋が波間に漂うなど、海洋汚染が深刻になっており、環境省でも「プラスチック資源循環戦略」の取り組みを進めるなど、プラスチック問題に対処している。
このようななか、プラスは、プラスチック製品が多いファイル類のプラスチック使用量を削減した同製品を開発した。

「紙製クリアーホルダー」の特長

同製品は、紙に特殊な溶剤を含浸させることで、表紙が透けて中身が見える「透明性」と持ち運びや保管時に必要な「耐水性・耐油性」などを確保しており、プラスチック製に劣らない使い勝手を有する。
また、紙製のメリットを活かして、表紙には、鉛筆・シャープペンシル・油性ペンなどで直接書き込むことができる。
さらに、燃えるゴミとして廃棄することができるため、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用するサーマルリサイクルとしての資源循環にも貢献すると期待される。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

プラス株式会社 ニュースリリース
https://www.plus.co.jp/news/201912/0003827.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ