ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

インフォコム 災害時の医療関連情報共有システム発表

災害時医療の連携に貢献する機能を公開

2019年7月5日、インフォコム株式会社は、国内最大級の医療関係者向け展示会「国際モダンホスピタルショウ2019」への出展を発表した。東京ビッグサイトにおいて、7月17日(水)~19日(金)の期間に開催される。

展示の目玉となるのは、災害が発生した場合の情報共有機能だ。今回初めて公開される「ダッシュボード」と呼ばれるこの情報共有機能は、病院システムとの連携し、リアルタイムで関係者間の状況を把握し共有するための機能である。

そのほか、診療情報管理システムである「Medi-Bank」、就業管理システムの「CWS」をはじめ、20種類ほどのシステムを展示する。

初公開のダッシュボード(情報共有機能)とは

今回展示されるダッシュボードは、災害発生時における災害医療体制の確立、救急搬送、治療(手術)の3パターンだ。利用場面1の災害医療体制の確立では、災害対策本部・消防および病院の連携を想定し、共有範囲とした。表示される情報は、被害状況やトリアージの情報、患者の受け入れ状況などだ。

利用場面2における救急搬送の情報共有範囲は消防と救急で、救急活動時の高画質映像や位置情報、トリアージ情報などを共有することが可能である。利用場面3の想定は病院内で、手術の進捗状況やカルテ、手術室の情報などを共有できる。

インフォコムグループの主幹事業は、医療機関および一般企業を対象としたITサービス事業と、一般消費者向けのネットビジネス事業である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

インフォコム株式会社ニュースリリース
https://www.infocom.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ