ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日本トランスオーシャン航空が「木のストロー」の提供をスタート

SDGsにも貢献するプロダクト

2019年10月7日、株式会社クレコ・ラボは、同社が企画・製造し、沖縄の現地法人である株式会社スマパノが沖縄県内で販売している「木のストロー」(以下、同ストロー)が、日本トランスオーシャン航空(以下、JTA)の一部の便において、2019年10月1日より機内サービスに導入されたと発表した。

同ストローは、脱プラスチックの流れを受けて開発され、日本の木材を使用することで林業の活性化に貢献するとともに、適切な森林管理を促進し、森と森が貯めている水を守ることにも繋がっていくとのこと。

また、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」において記載された2016年から2030年までの国際目標「持続可能な開発目標(SDGs、ustainable Development Goals)」の取り組みにも貢献するとしている。

日本トランスオーシャン航空の取り組み

JTAでは、同社の中期経営計画に掲げられている「SDGsの達成に向けた取り組み」の一貫として、那覇〜福岡便の「クラスJシート」向けの機内サービスとして同ストローを提供する。なお、同便は1日6便運行され、年間の利用者数は約3万3千人と想定されている。

10月4日に行われた同ストローについての記者発表会では、10月1日から実際に木のストローを乗客に提供している客室乗務員が、乗客から「いい取り組みですね」、「いつもより美味しく感じる」などの感想を寄せられ、乗客の半数程度が大切に持ち帰ることなどを報告した。

▼外部リンク

クレコ・ラボ ニュースリリース
https://note.mu/crecolab/n/n00cdb2ec5a92

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ