ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

西東京バスとヤマト運輸、「客貨混載」の実証運行を開始

乗車人数が減り路線の維持が困難なバスと、集配の効率化が課題の宅急便が連携

2019年11月1日、西東京バス株式会社(以下、西東京バス)とヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、東京都あきる野市と檜原村を結ぶ路線バスの区間で、宅急便を輸送する「客貨混載」輸送の実証運行を、11月1日(金)から11月30日(土)まで実施すると発表した。
西東京バスが運行する、武蔵五日市駅バス停~数馬バス停間のローカル線は、地域住民にとって、あきる野市と檜原村を結ぶ重要な交通手段であるが、少子高齢化に伴う人口減などの影響で、路線を維持していくことが困難な状況だ。
一方で、ヤマト運輸は、あきる野五日市センターと檜原村の間を、片道約40分かけて1日3回往復して宅急便を届けているため、集配の効率化が課題となっている。
このようななか、両社は連携して、路線バスの車内スペースを活用して宅急便を輸送する「客貨混載」の実証運行を実施することとなった。

「客貨混載」の実証運行

同実証運行では、西小中野バス亭において、ヤマト運輸のスタッフが宅急便をバスボックスに搭載し、行先のバス亭を伝える。
また、檜原村のバス亭では、ヤマト運輸のセールスドライバーがバスボックスから宅急便をおろして、各家庭へ配達する。
これより、西東京バスは宅急便の輸送による新たな収入源を確保して安定的な運行を維持し、ヤマト運輸は、セールスドライバーの運転時間を削減してサービスの向上を図るとともに、CO2排出量の削減に貢献できる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

西東京バス ニュースリリース
http://www.nisitokyobus.co.jp/info/15249.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ