J-GoodTech新規登録はこちら

雨などのしずくで発電が可能に

雨などのしずくで発電が可能に

一滴のしずくで5Vを発電

2019年12月16日、九州大学と名古屋大学は共同で、雨などの水の滴下により発電する技術を開発した。

一滴の水滴を、形成された膜の上に垂らすことで電圧が発生する仕組みを利用したものである。

自然環境下で使用される独立型IoT機器への応用が期待される。

二硫化モリブデンを利用している

二硫化モリブデン膜の両端に電極を付けただけの装置となるが、この表面に水滴を垂らし移動させるだけで発電が可能となる。

実験の結果では、5~8Vの電圧が出力され、IoT機器に供給する電源電圧としては十分なものである。

なお、従来別の素材により同じような実験が行われてきたが、発電電圧も最大で数百ミリボルトと、とてもセンサーなどを動かせるものではなかった。

今回の実験成果により、発電素子としての機能が充実することが予想される。

野外配置IoT機器は電源確保が難しい

IoT機器が増えていく状況にあるが、動作するためには電源が必要である。

自然エネルギーを用いた環境発電(エネルギーハーベスティング)により、電池搭載不要となることから大きな関心が寄せられている。

しかし、これらの自然エネルギーは一部のみが利用されている状況であり、環境観測などに使われるIoT機器は未だに電池を搭載しながらというものが多い。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

九州大学
www.kyushu-u.ac.jp/ja/university/publicity/pressrelease/latest/

すべてカテゴリの最新記事