J-GoodTech新規登録はこちら

農業ビジネスで業務提携し、三重県津市で高糖度ミニトマトの通年生産をサポート

農業ビジネスで業務提携し、三重県津市で高糖度ミニトマトの通年生産をサポート

生産開始に向けて栽培技術を提供

2020年1月21日、株式会社OSMIC(以下、OSMIC)は、三交不動産株式会社(三交不動産)と業務提携し、高糖度ミニトマトの通年生産など、農業ビジネスをサポートすると発表した。
2020年3月には、三重県津市に5連棟ハウス2棟から成る太陽光利用型環境制御ハウス(以下、同ハウス)を設置し、2020年夏からの生産開始に向けて、栽培技術を提供していくとしている。
同ハウスは、気化熱による冷却装置やヒートポンプによる冷暖房装置等を備え、栽培環境を制御できる。

独自配合の土や肥料の開発にノウハウを持つ農業ベンチャー企業

OSMICは、独自配合の土や肥料の開発にノウハウを持つ農業ベンチャー企業で、2015年5月に設立された。また、高密度微生物有機培土の製造・販売、この土を活用した同ハウス設備の販売や、オスミックハウスで栽培した高糖度ミニトマト「OSMICトマト」の生産・販売事業を展開するとともに、“農と食”のリゾートテーマパーク事業を手掛けている。
さらに、複数の大手企業との合弁で農業法人を設立することや、生産パートナー企業へのサポートが増えている。

中部圏・首都圏・近畿圏において多岐にわたる事業を展開している総合不動産会社

三重交通グループ内で総合不動産事業を手掛ける三交不動産は、注文住宅事業・リフォーム事業・仲介事業・施設賃貸事業等、数多くの事業を手掛けている。
さらに、今後の成長が見込まれる農業ビジネスに参画することで、様々な既存事業との相乗効果も期待できることから、人気の高い高糖度ミニトマトの通年生産に取り組むことになった。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社OSMIC ニュースリリース
https://osmic.jp/

すべてカテゴリの最新記事